おたくのコスメ沼 アイシャドウ編

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IQ2のアイシャドウおたくが長々と喋っています。

それでも大丈夫だという勇者の方のみお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは書きたかった!!!!!

 

 

だから書く!!!!!!!

 

 

 

私はメイクの中でもとびっっっきりアイメイクが大好きです。メイク時間全体でみてもアイメイクにほぼ費やしています。

 

 

というか私アイシャドウが大好きなんですよねもう目の数と時間が足りないくらいアイシャドウが大好きです。

 

よく顔の印象変えるのは眉毛だとか髪型だとか言いますがもうそんなことはどうでもいい。

 

 

 

 

 

塗らせろ、アイシャドウを。

 

 

 

 

 

そんな感じでいつもメイクしてますし、基本濃いめのメイクをしてます。

というのも、私1stと2ndが多分ブルベ冬orイエベ秋って感じなんですが、ブルベの方が強いのかアイメイク濃くしないと殆ど目立たないんですよ。ナチュラルに仕上げてしまうとリップなしの状態が、え???すっぴん???って感じになってしまってせっかくのアイシャドウがかき消されてしまう。。。

なのでせめてもの対策に前髪の長さにはとても気を使います。美容院での注文はいつも「眉毛がギリギリ隠れるくらい」で通してます。最悪ちょっと見えてしまっても眉毛は描き方で位置変えれるのでそんなに気にしません。

 

 

アイシャドウが隠れるのは許さん。

 

 

流石に会社とか冠婚葬祭は「しっかりめ」くらいで止めますがなんでもない休日は無法地帯です。

そしてその日「目」としたい部分までアイシャドウを塗っています。あとでアイラインもそれに合わせて「目だ」という部分まで引きます。

こうしてアイメイクが完成した瞬間が1番楽しい(笑)

 

 

 

さて、長々とおたくが喋ったところでまだ喋りたいのでここからは私の愛するアイシャドウコレクションのお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず1番に話をさせてほしいのが私がこの世界で最も愛するアイシャドウ。。。

 

 

 

 

TOM FORDアイカラークォードシリーズ。。。

 

 

 

 

ちょっと日本語でもう一回言わせてください(?)

 

 

 

 

とむふぉーどあいからーくぉーどしりーず。。。

 

 

 

 

 

日本語にしてもいい響き。。。(?????)

 

 

 

 

 

何を隠そうもはや隠してないけど私このアイシャドウがほんとにほんとに大好きなのです今から持ってる子1人ずつ紹介しますね(ここまで一息)

 

 

 

 

 

 

 

 

○ヌードディップ(3A)

もう大大大好き。私が初めて買ったアイカラークォードであり同時に初めてTUして感動したアイシャドウです。皆さんコスメカウンターとかでTUしてもらってそれを鏡で見た瞬間に強烈な感動を覚えたことはあるでしょうか(突然の問いかけ)。私にとって後にも先にも、この子以上にTUで感動したアイシャドウはありません。初めて、顔面コンプの私が初めて自分の目元を綺麗だと思いました。これを付けて遊びに行きたい会社に行きたい、これをつけて外に出たいと心から思いました。そして気付いたらお会計が済んでいました。お会計の記憶が無いのです。このアイカラークォードシリーズはいろんな意味で有名ですが、その1つにお値段がアイシャドウとしてはズバ抜けて高いことで有名な側面があります。確かに高いです。1つおよそ諭吉お一人分。私自身も決して安いとは思いません。でも、そんなことどうでもいい、値段なんてどうでもいいからこれが欲しい、そう思わせたアイシャドウであり、アイカラークォードにハマるきっかけを作ってくれたのがこのヌードディップです。実際会社に行ってた頃はよくこれでメイクしてました。まず左上のシャンパンカラーがもうベースとして最強です派手すぎず主張し過ぎず本当に素晴らしい。瞼のくすみも飛ぶので目元が一気に明るくなります。次に左下のグレーみのあるブラウン。私ブラウンなら赤みかグレーが入ってるものが大好きなんですがドンピシャです。これを中間色にして右下を締め色にするとあら不思議とっても綺麗でカッコいい目元の完成です。私は顔がきつく、カッコいい路線のメイクをした方が顔のバランスが取れるのでほんとうにこのグレーブラウンが大好きです。そして最後に右上のオレンジみのあるブラウンを下まぶたに乗せるとあら不思議涙袋が急に爆誕します。平素涙袋が見当たらないことで有名な私の顔面に一気に涙袋が登場して立体感が出ます。お好みで左下のグレーブラウンで目尻の三角を埋めてもとても綺麗。アイシャドウの失敗例の1つとして塗りすぎというのがあるかと思いますが、これ塗りすぎても綺麗かつ、恐ろしいことに粉飛びしないのです。これはアイカラークォード全体に言えることですが、私ラメだろうが粉だろうが粉飛びしなかったことがないくらいの人間だったためこれには驚愕しました。朝作った目元がバッチリ綺麗にそのまま夕方まで残っています。なんてことだ。素晴らしい以外の言葉が見当たりません無理大好き愛してる。

 

 

 

○ココアミラージュ(03)

これ割と有名だと思いますアイドルの目元になれるみたいな話が一時期流行っていたのをご存知の方もいらっしゃったりしないでしょうか。アイドルの目元になれるかどうかはさておきこれも超優秀かつ大好きなパレットです。ヌードディップかこのココアミラージュを使ってることが最近は多いですね。まず右上のベージュを少し濃くしたようなブラウンをベースにいつもメイクしています。これ本当にベースとして優秀だと思っていて、ココミラはヌードディップとは対照的に基本マットなパレットなんですがこの右上ブラウンはやりすぎ感のない綺麗なマットベースを作ってくれます肌から全く浮かない。素晴らしい。次に使う左下の赤みブラウンと肌の色とのバランスをものすごい自然にとってくれます。しかもこの右上ブラウンベースのみならず他のパレットの別の色とブレンディングしてもめちゃくちゃ綺麗なので、もう少しブラウンみがあった方が自分に似合うなってカラーにこれを混ぜると求めていたドンピシャの色が完成するのも魅力です。困ったらココミラを混ぜる、これが私の中での鉄則です。次に左下の赤みブラウンですが、これこそ私が愛してやまない赤みブラウンなのです。まずマットパレットの中これだけ少しラメが入っているのですがそのラメ加減があまりに絶妙。主張しすぎずかといって目立たないわけでもないというこの絶妙なラメ感を持っているのはこの赤みブラウンくらいだと思います。私結構濃いめにこの赤みブラウングラデするの好きなんですが素晴らしく全く嫌味がない。付けすぎ感が出ないのです。よく失敗すると殴られたような顔になるとココミラは言われがちですが、個人的におそらく目尻をうまくぼかしてないのではないかと思います。瞼の上にきちんと乗ってる分には本当に綺麗なので。そして最後に右下の締め色を二重幅の中でグラデになるように塗っていくとより一層赤みブラウンが引き立てられて最高です。下まぶたには何を塗っても可愛いのですが、個人的には右上ブラウンを塗るのが好きです。ヌードディップ以上に派手に仕上がるため下まぶたの主張を薄くしたいのと、右上ブラウンが1番涙袋爆誕させる力を持っていると思っているので。そして最後の仕上げとして左上の乳白色のようなマットハイライトを眉毛と瞼の境目に仕込みます。これだけで不思議なほどに瞼の輪郭がはっきりして、文字通り「目」が爆誕します。最初にこれを見たときは驚きすぎてしばらく鏡で自分の目を見ていました。このハイライトは他にも下まぶたの目頭に入れたりグラデとグラデの境目をぼかしたりするのにも使えるので超超優秀ハイライトだと思います。ココアミラージュって名前も可愛いですよね。本当に大好きです。

 

 

 

 

ライラックドリーム(22)

惜しくも廃盤となってしまったパレットです。この世で廃盤売切れ完売という言葉が最も嫌いです。。。個人的にはめちゃくちゃ春に使いたくなるパレットです。このパレット使ってると春だなあって実感します。まあ春じゃなくても普通に使ってるんですが(笑)何よりこの私のきっつい顔を柔らかくしてちょっと可愛らしく見せてくれるなんて優秀すぎるじゃないですか。。。好き。。。基本的にこれはパープルベースのパレットなので、右上のラメ以外全てパープル寄りの色味で構成されていて、色自体もそんなに主張の激しい色がありません。でもこのパープルみがびっくりするほど上品で、主張が激しくないのにしっかりアイメイクしてる目に見せてくれます。まず左上のピンクを瞼全体に塗るんですが、これはほとんど色のつかないピンクパープルのハイライトといったところです。瞼のくすみを飛ばして明るくし、同時にこの後塗るカラーとの親和性をとても良くしてくれます。次に左下のパープルブラウン、ブラウンの中に紫ラメが入ってるタイプのパープルブラウンなんですがこれがもう超絶可愛い(語彙力)。見た目に反して意外と色の主張は激しくありません。使い方次第ではベースに持ってくることも可能なくらいです。これを中間色に塗っていきます。ここまでほぼハイライトやベースカラーだけでそんなに色付いてなくて大丈夫??とか思うじゃないですか。それが大丈夫なんですよ右下のパープルを締め色として二重幅にグラデしながら入れた途端に一気に印象が変わって驚くほど可愛らしい目が誕生します。個人的にアイライナーは黒じゃなくて濃いめのブラウンを合わせるのが好きですブラウンの方がこの素晴らしいパープルをうまく引き立ててくれている気がする。そしてそして最後にもう一度瞼全体にかるーく左上のピンクパープルを塗って、右上のラメを指でポンポンと乗せるとあら不思議可愛い目元の出来上がりです。下まぶたに入れるのは左上ピンクパープルか左下ブラウンがおススメですしこの2つをグラデにしても可愛いです。そしてなんといっても右上のラメ!!!これがとっっっっても優秀なラメで、これだけがパープル系ではない普通のシルバーラメなんですがこのシルバーによってよりパープルの可愛さが引き立ちます。おまけに一切ラメ飛びしません。しっかり瞼の上でキラキラしてくれます本当に超優秀。このラメだけ別のアイシャドウと組み合わせて使うこともあるくらいとても重宝しています。それぞれのパレットに良さがありますが、パレットの垣根を超えて組み合わせても可愛いところがアイカラークォードの強いところだなあと思います。

 

 

 

○ダブルインデムニティー(05A)

最近お迎えした1番新しいアイカラークォードです。実はまだ初下ろしの日を決めてなくて使ってないのでTUの印象を元に行きます。まず一言でいうならめちゃくちゃカッコいい系のパレットです。あまりに私好みすぎて見た瞬間びっくりしました。そんな私に向けたパレットある??????(ない)海外では日本より早く発売されていたので日本発売が待てない人たちが海外から取り寄せてるのを見ながら日本の発売日を楽しみに待ってました。まず右上のグリーンですが、これは私の肌ではグリーンというよりグレーみのあるカーキに発色しました。カーキ大好きなんですよねカーキシャドウって言われるだけで欲しくなってしまうくらい大好きです。もっとグレー寄りになってしまうかとも思いましたがしっかりカーキとして発色してくれたのでもうそこでハイ好きってなりましたそうです単純です。まずこのカーキを瞼中央から目尻にかけて入れ、次に左上のハイライトを目頭から瞼と眉毛の境目を通るように入れます。このハイライトも超優秀で、シャンパンカラーというよりかなりホワイトに発色します。ヌードディップほどギラギラではない綺麗な艶系ハイライトに感じました。これで恐ろしいほど目頭がはっきりして目(瞼??)の輪郭が一気に爆誕します。そして右下のブラックのギラギラをアイラインのようにスーッと引いてカーキとの境目をぼかすのですがこのブラックとカーキ色的にはとても馴染むように見えないものの、いざぼかすとびっくりするくらい馴染むんですよねもはや前世から恋人だったのでは?ってくらい。そしてまたこの馴染み方がなんとも言えず美しいのです。。。最後に左下ブラウンを目尻側全体に入れてこちらもカーキとの境目を一気にぼかします。するとカーキオンリーの時より目力が上がって一気にカッコいい目元が爆誕するというミラクルが起こりました。今回は控えめに色を付けてもらったのですが、付ける量によってはギラギラの強い目元にすることも可能です。これはあくまでTUしてくれたBAさんのやり方でしたが、これ以外にもいろんな使い方が試せると感じたのと、やっぱりカーキ大好きの血が疼いて即決購入してしまいました(笑)いつ下ろそうかワクワクしてます(笑)

 

 

 

 

 

 

さて、長々と喋ってきましたが、私のアイカラークォードコレクションはこの4つで以上になります。もちろんまだまだこれからも集めていく予定なので、また喋り出したらああコレクション増えたんだなくらいに思ってやってください。

 

 

ちなみにですがアイカラークォード以外ではDiorのサンククルール(限定)、ディオールショウモノ(限定)、ラデュレの限定、ADDICTION、MACの単色をいくつか持っていて、これとクォードを組み合わせてメイクしたりもしてます。単色は単色でいいところたくさんありますし、選ぶの楽しいですよね。個人的にADDICTIONがめちゃくちゃ粉飛びしてしまうので、扱いが中々難しいなあと思ったりしています。

あとアイシャドウベースはMACのやつを使っています。ベースがあるとないではやはり発色と持ちが違ってくると思うのでベースはあった方がいいかなと思います。

 

 

 

 

そしてアイカラークォードだけで予想以上に書きすぎて疲れてしまったので(おい)今回はこの辺りで締めさせて頂こうかなと思います。

なおアイシャドウの次に好きなコスメはリップですよろしくお願いいたします(懲りないおたく)

 

 

 

 

 

 

それでは、またいつか。